【化粧崩れの原因はインナードライ】小鼻周りのテカリ改善スキンケア方法

朝きちんとメイクをしたのに、しばらく経つと鼻だけテカって化粧がよれてしまっていることありますよね。

どれだけバッチリメイクをして、オシャレに気を使っていても、鼻がテカっているだけで一気に汚いイメージが付いてしまいます。

テカリのないサラッとしたお肌が一日中持続してくれると、メイク直しをする必要もなく、清潔感のある女性と見られます。

女性からだけではなく男性からも魅力的と思われることでしょう。

店長
店長
今回は、「鼻のテカリ改善法」や「頬や口周りは乾燥するのに鼻だけテカるインナードライ肌」についてご紹介しますので是非参考にしてみてください。

 

化粧崩れで小鼻周りがベタベタになる原因

体はベタついていない、頬や口周りはむしろ乾燥しているのに、なぜ鼻だけテカるのでしょうか?

それは鼻には皮脂腺が多いからなんです。

体中に皮脂腺は存在しますが、部位によってその量はかなり違ってきます。

簡単に言うと、体の中で面積が小さい鼻なのに手足の皮膚に比べて約6倍の皮脂腺、ニキビの出来やすい背中の約2倍もの皮脂腺あるのです。

そう考えると、小鼻周りがテカりやすいのが納得です。

更に頭皮にはその2倍もの皮脂腺があります。皮脂腺から出る皮脂は酸化するとニオイを放つため、頭皮臭の原因になったりします。

 

テカリの原因である皮脂分泌量が過剰な人の3つの原因

 

テカる人もいれば、夜までサラッとしている人もいます。

その違いは何なのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

皮脂分泌が過剰な原因① 肌質の遺伝や体質

遺伝により生まれつきテカりやすい人がいます。

皮脂腺が他の人よりも発達していることで毛穴が大きくなり、収まりきらなくなった皮脂が表面に出てきてしまうのです。

生まれつきだからテカリを改善できないわけではありません。

肌のケア次第でテカリを解消することができますので安心してください。

 

皮脂分泌が過剰な原因② ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

特に生理前にホルモンバランスが乱れることが多く、過度なストレスや生活習慣の乱れによっても崩れてしまいます。

 

皮脂分泌が過剰な原因③ インナードライ肌

お肌の乾燥も顔がテカる大きな原因です。結構これが原因の人が多いです。

テカるのに乾燥?と思うかもしれませんが、お肌が乾燥しているとその乾燥を補おうとして過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

皮脂はお肌を保護するバリアのようなものです。

乾燥しているお肌はダメージを受けやすいため、体はお肌を守ろうとして皮脂をたくさん出します。

これが「頬や口周りは乾燥しているのに皮脂腺が多い鼻だけはテカる」というメカニズムになります。

これがインナードライ肌と言います。

 

化粧崩れしないための4つの小鼻のテカリ防止法

 

テカる原因は皮脂量が多いことですが、皮脂量が少なすぎても乾燥してしまいます。

重要なのは、「皮脂量のコントロール」です!

皮脂量をコントロールするには、見直すポイントが4つありますので見ていきましょう。

化粧崩れしないための小鼻のテカリ防止法① 正しい洗顔方法

テカリが気になると必要以上に鼻を洗ってしまいがちですが、洗いすぎると皮脂が落ちすぎて乾燥し、余計にテカリがひどくなってしまいます。

洗顔は一日朝夜の2回までにし、しっかりと泡を立てて泡の部分で洗うように心がけましょう。

そして何より、洗顔料選びも大切です。

テカリが気になるあまり、洗浄力が強い物を選びがちですが、テカリが気になる人ほど「洗浄力と保湿力のバランスが良い洗顔フォーム」を使うことがとても重要になります。

そこでオススメの洗顔フォームがこちら♪

角質をやわらげる炭酸ソーダを配合しており、余分な皮脂や汚れを優しく落としてくれます。

EGF(肌再生成分)をはじめ、6種類の天然植物エキスなどの美容成分が保湿力を高め、洗い流したあとも潤いをキープしてくれます。

店長
店長
肌を傷つけない、クリームのようなきめ細かい泡が出てくるムース洗顔料なので、自分で泡立てる必要なし♪

低刺激なので敏感肌の方も使えますよ!

 

化粧崩れしないための小鼻のテカリ防止法② 正しい保湿

洗顔後の水分はどんどん蒸発していくので、洗顔が終わったらすぐに化粧水を塗布してください。

塗布の仕方も表面にササッと塗ってしまうのではなく、両手のひらで化粧水を人肌に温めてからお肌に押し込むように馴染ませるとしっかりと浸透します。

ポイントはここで美容液♪

化粧水は水分が多くどうしても時間とともに蒸発してしまいますが、ここに美容液を加えることで肌の乾燥を更に防ぎ保湿力を高めることができます。

そして化粧水や美容液で水分を浸透させたあとは、乳液やクリームでふたをします。

乳液やクリームは油分が含まれているので、洗顔で失われた皮脂の代わりをしてくれるのです。

だから、「化粧水と乳液」や「化粧水とクリーム」といった、「水分と油分」のセットを必ず使うようにしてください。

オススメのスキンケアセットはこちら♪まずはトライアルセットで!

店長
店長
海洋深層水をベースにしているのでとにかく浸透力がスゴイ!しっとりツヤ肌を実感してください♪

 

化粧崩れしないための小鼻のテカリ防止法③ 脂っぽい食事を控える

焼き肉や唐揚げなど、脂っぽい食事は美味しいですが、残念ながら外から取り入れた油も顔のテカリの原因になります。

だからといって、大好きな唐揚げを食べないなんてストレスですよね!

そんなときは、脂質や糖質の代謝を促進し皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB2を摂取することをオススメします。

ビタミンB2を多く含む食材は、「レバー、納豆、牛乳、魚、卵、アーモンド」です。

好き嫌いが分かれそうな食材でが多いですが、こまめに食べられそうなものを選んで積極的に摂取してください。

 

化粧崩れしないための小鼻のテカリ防止法④ 生活習慣の見直し

睡眠不足や食生活の偏りは、ホルモンバランスを崩してしまうので、結果テカリの原因になります。

生活習慣が乱れていては、いくら外側や内側からのケアをしたところで根本的な改善はできません。

ストレスも皮脂分泌に繋がりますので、適度に息抜きをしてストレスと上手に向き合う必要があります。

 

まとめ

 

メイク崩れの原因となっている皮脂の過剰分泌ですが、特に皮脂腺の多い鼻は毛穴が大きく開きがちになってしまい、他の部位に比べて余計にテカってしまいます。

鼻のテカリを予防するには、「皮脂がたくさん出てしまう毛穴を小さくす」ということが大切です。

これまでに紹介したスキンケアや生活習慣を試してみると、皮脂分泌がコントロールできるようになってくると思いますが、それでもダメなら「毛穴を小さくする方法」を紹介していますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

関連記事