【目のクマを消す方法】寝不足のメイクだけで隠せない青紫色のくすみ原因

メイクで隠せないほどのクマがあると「疲れてる?」と言われたり、老けて見られたりしてしまいますよね。

クマがなくなると、目元が明るくなり、顔の印象がガラリと変わって健康的に若々しく見えます。

たくさんの方はクマは疲労や寝不足が原因だと思っていると思いますが、実はクマにも種類があり、間違った対処法をしてしまうと余計にクマが悪化してしまいます。

店長
店長
今回は、「目のクマの種類の見分け方」「目のクマを無くす方法」についてご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

 

目のクマの種類と原因

 

クマと言っても種類と原因は様々で、主に3種類に分けられます。

クマができやすい人やクマで今悩んでいる人は、自分がどのタイプなのか見極めてそれぞれに合った対処法を試してみてください。

 

クマの種類と原因① 茶色クマ

目の下が茶色くくすんで見えるクマです。

茶クマの原因は、紫外線と皮膚への刺激による色素沈着です。

普段から激しく目をこすったり、メイク落としの際に目をこすりすぎている方に多いクマです。

また、紫外線対策を怠ったことが原因で小さなシミが集まり茶クマに見えることもあります。

クマの種類と原因② 青紫色クマ

目の下が青黒く見えるクマです。

青クマは血行不良が原因でできるため、冬場は特に増えると言われています。

目の下の皮膚は顔の中で一番薄いので、血管が浮き出て目立ってしまうのです。

青クマができやすい人には、冷え性や頭痛持ちの人が多いです。

クマの種類と原因③ 黒い色クマ

目の下のくぼみができ、その影がクマのように見えている状態。

黒クマは茶クマは青クマと違って、皮膚の色自体が変わっているのではなく影が黒く目立っているだけです。

加齢によってハリがなくなった皮膚はたるんでいき、黒クマができるのでコラーゲンの減少が大きな原因です。

 

あなたはどのタイプ?目のクマの見分け方

 

自分のクマの種類に合った対処法をしなくてはいけないけど、自分がどのタイプなのかわからない!という人はぜひこの方法を試してみてください。

それはとっても簡単な方法です。

「目尻を優しく引っ張るだけ!」

これだけであなたがどのタイプのクマかはっきりします。

  • 茶色クマの場合・・・引っ張るとクマも皮膚も動きます
  • 青色クマの場合・・・クマは動かず皮膚のみが引っ張られます
  • 黒色クマの場合・・・引っ張るとクマ自体が消えます
店長
店長
あなたはどのタイプでしたか?どの種類かわかったら次は解決方法です♪

 

目のクマをなくす方法【茶色クマ】

 

主にメラニンが原因の茶クマ。

どんな対処法をすればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう♪

茶色の目のクマをとる方法① 目の際までしっかり保湿

「茶クマができた・・・」と思ったら、まずはいつも以上に保湿を丁寧に行いましょう。

茶クマの原因、色素沈着は皮膚そのものが原因なので、皮膚を新しく生まれ変わらせることが必要となります。

お肌を生まれ変わらせるには、ターンオーバーを正常にしなくてはいけません。

保湿をしっかりとすることで、ターンオーバーは促されるのでまず初めに行うとても大切な対処法です。

乾燥すればするほど、お肌はくすみクマが目立ってしまうので注意してください。

茶色の目のクマをとる方法② ビタミンCを摂取

ビタミンCもターンオーバーには有効なもののひとつです。

食べ物では、レモンやアセロラ、キウイなどを積極的に摂取するようにすると良いでしょう。

さらに、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うと更に効果的です。

ビタミンC誘導体は、お肌への浸透力を上げてくれ、お肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。

なかなかビタミンCだけではうまく浸透しない場合があるので、化粧品を選ぶ時はビタミンC誘導体が含まれたものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体が配合されたオススメ化粧品はこちら↓

店長
店長
この化粧品の特徴は、従来よりも10倍から100倍以上も皮膚に浸透し、ビタミンC効果が発揮されるので、クマやシミで悩んでいる人にオススメ♪

茶色の目のクマをとる方法③ 紫外線対策

紫外線は茶クマに直結する原因です。

紫外線からお肌を守ろうとして過剰に作られたメラニン色素が沈着してしまうからです。

日焼け止めは夏だけではなく、一年中塗っておけばかなりの確率で茶クマが防げると思います。

オススメの日焼け止めはこちら↓

店長
店長
この日焼け止めは、乳液と日焼け止めが一つになった日焼け止め乳液なので、朝も時短で楽チンですよ♪

 

目のクマをなくす方法【青色(赤紫色)クマ】

 

皮膚の薄い目の下で血行不良で青くなった血管が透けて見えている状態の青クマ。

冷え性の女性に多いのが特徴です。対処法を見ていきましょう。

青色の目のクマをとる方法① 体を温める

体の冷えが原因で血行不良が起こり、青クマになっているので、生活習慣の中で体を冷やさないように意識をしましょう。

積極的に運動をしたり、シャワーだけで済まさずしっかり湯船につかって温めたり、なるべく冷たいものは控えるようにしましょう。

そういったこまめな意識の変化でも改善する効果があります。

青色の目のクマをとる方法② カシスを摂取する

カシスに含まれるポリフェノール(アントシアニン)が血の巡りを良くしてくれます。

即効性もあり、カシスのドリンクを飲んだだけでも血流量の増加とクマの改善が見られたという実験結果もあるほどです。

カシスは青クマに悩む人の救世主!

青色の目のクマをとる方法③ ツボ押しマッサージ

茶クマにはNGだったマッサージですが、青クマの場合はむしろどんどんしてほしいくらいオススメです。

人差し指と中指をVの字にして耳の前後をはさみ、円を描くように押します。

その後、耳の後ろから真下の鎖骨に向かって、何度かさすってください。

これは、老廃物をだすのに適したマッサージです。化粧水や乳液を付けたあとの滑りの良い時に行ってください。

仕上げは、瞳から親指ひとつ分の真下にあるツボを優しく押してください。

これは目の周りの血行を良くするツボなので青クマ解消に最適です。

青色の目のクマをとる方法④ 適度に体を動かす

疲労や睡眠不足だけがクマの原因ではないと言っていましたが、疲れているとクマが悪化するのは確かです。

例えば、パソコンやスマホをずっといじっていると、眼精疲労や肩こりなどと言った血行不良になり、青クマが悪化してしまいます。

ですから適度にパソコンから目を離したり、姿勢を変えたりしてみてくださいね。

 

目の下のクマをなくす方法【黒いクマ】

 

黒クマは皮膚のたるみが主な原因です。

たるむために目の下にくぼみができ、その影のせいでクマのように見えます。

茶クマや青クマとは少し原因が違ってきますが、どのように対処したらよいか見ていきましょう。

目の黒いクマをとる方法① 目元の筋トレ

黒クマは筋トレも解決のひとつです。

「目をギュッと5秒間閉じたあと、ゆっくりと大きく目を開く」

といったトレーニングが、表情筋や眼輪筋を鍛えられ、皮膚のたるみを無くすことができます。

さらに、茶クマで紹介した保湿や、青クマで紹介したマッサージは黒クマにも効果的です。

茶クマや青クマに気をつけていれば、自然と黒クマ予防になることということになります。

 

目のクマを改善するエステメニュー

 

当サロンで行っているクマ改善のエステメニューのご紹介をします。

茶色の目のクマを改善するエステメニュー【ハーブピーリング&イオン導入】

茶クマはメラニンが原因の色素沈着なので、肌そのものを新しい皮膚に生まれ変わらせるターンオーバーが必要となってきます。

ターンオーバーを正常にしてくれるのが、ハーブピーリングです。

ハーブピーリングで肌細胞を活性化させ、お肌の内側からしっかりと新しいお肌へ生まれ変わらせることができるのが特徴です。

そして、イオン導入で色素沈着の元でもあるメラニンを撃退していきます。

店長
店長
目の下のクマだけではなく、顔全体の美白や気になるシミにも効果的です。

青色の目のクマを改善するエステメニュー【オイルマッサージ】

青クマは血行不良が原因なので、オイルマッサージでしっかりと血の巡りを良くしていきます。

デコルテからヘッドマッサージまでスチームで温めながらしっかりとほぐしてあげることで、終わったあとはポカポカになることでしょう。

目の下は皮膚が薄くデリケートですが、マシンではなくハンドで優しくマッサージするので青クマ改善だけではなく、リラックス効果もあります。

店長
店長
ほとんどの方が、リラックスをして眠ってしまうほどです。

黒い色の目のクマを改善するエステメニュー【リフトアップマシン】

黒クマは皮膚の色が変わっているのではなく、加齢によってハリがなくなった皮膚がたるんでいき、その影で黒クマになっています。

そのため、目元の筋肉を鍛えることで改善することができます。

当サロンのリフトアップマシンを使って短時間で表情筋や眼輪筋を鍛えることが可能です。

目元はなかなか生活の中で動かすことがあまりありません。

ですから、リフトアップマシンを使って強制的に運動をさせます。

店長
店長
低周波と高周波のダブル波で深層表情筋までを刺激して鍛えることで、ピンとした上向きフェイスへと導いてくれます。

 

まとめ

 

自分では疲れている気がしないのになかなか消えないクマに悩んでいる人も多いと思います。

いくら長時間寝ても、いくらマッサージしても治らないと思っていたあなたも、自分のクマの原因とタイプを知れば、もっと簡単に解決できるはずです。

クマがあるのとないのでは、顔の印象もかなり違ってきます。

ぜひ今回の解決法を参考にしてみてくださいね♪

 

 

関連記事