【シミを消したい】レーザーや美白基礎化粧品などシミケア法の正解は?

シミが気になってくると、すっぴんで人に会うこともできず、化粧で隠そうとしてどんどん厚化粧なってしまい、老けて見えてしまいます。

ファンデーションやコンシーラーでも隠れないほどのシミになってくると、人と話していても目線が気になっちゃいますよね。

シミが薄くなり気にならなくなると、ファンデーションも薄付きで良くなり、一気に若々しくなります。

店長
店長
今回は「シミを薄くする方法」のご紹介をしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

シミができる仕組み

お肌の奥の基底層というところで、シミの原因となる黒色の色素メラニンを作り出す「メラノサイト」というメラニン工場が存在します。

紫外線を浴びると、メラニン工場で「メラノサイト」が一生懸命メラニンを作り始めるのです。

そして過剰に作られたメラニンが細胞に受け渡されて、皮膚は黒くなってしまうメカニズムとなります!

通常は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって、アカ(垢)と一緒にメラニンを含んだ細胞も剥がれ落ちるため、肌の色は戻ります。

ただ、長年の紫外線ダメージを蓄積してしまうと、メラニンが過剰に作られ続け、ターンオーバーが遅れがち(乱れがち)になるのです。

すると、剥がれ落ちるべきメラニンが肌の中にとどまって、どんどん蓄積してしまうことで「シミ」になってしまいます…。

シミ改善にはどんな選択肢がある?

シミを改善するための方法は3つあります。

  1. 美容クリニックなどで行われる「レーザー治療」
  2. 「ハーブピーリング」
  3. 「イオン導入」

濃くてはっきりしたシミや大きなシミを一番確実に消すことができるのはレーザーです。

ただし、どの方法にもメリット・デメリットはあります。

自分に合った方法でシミを改善していくといいですよ♪

レーザー・ハーブピーリング・イオン導入の違いは?

 

すでにできてしまっているシミ、シミを作らせない肌にする、など効果や使い方は人によって違います。

どんな人が向いているのか、それぞれの違いやメリット・デメリットについて解説していきます。

レーザーのメリット・デメリット

レーザーのメリット

  • レーザーは非常に強い光線を肌にピンポイントで当て、基底層のシミのメラノサイトを破壊するので、濃くてはっきりしたシミも消せる

レーザーのデメリット

  • 痛い
  • 費用が高い
  • レーザーを当てた部分はかさぶたになり、かさぶたが取れるまではかなり濃くなる
  • シミ以外の効果はあまりない
  • シミが消えてキレイになるが、肌質を変えているわけではないのでまた徐々にシミができる

 

ハーブピーリングのメリット・デメリット

ハーブピーリングのメリット

  • レーザーより安い
  • 痛くない
  • かさぶたや皮むけがない
  • シミができにくい肌質に変えていくことができる
  • シミ改善だけでなく、美白効果やハリ・ツヤ、シワ改善、リフトアップ、毛穴改善の効果を同時に得られる

 

ハーブピーリングのデメリット

  • 回数を重ねる必要がある

 

イオン導入のメリット・デメリット

クリアラボイオン導入(美白)

イオン導入のメリット

 

  • マイナスイオン同士が反発する力を利用し、美白成分を肌の奥深くに押し込むことができる
  • 普通に手で美白成分を塗り込む場合と比べ、30~50倍以上もの効果がある
  • シミ部分だけではなく顔全体の美白効果が期待できる

 

イオン導入のデメリット

 

  • 微弱電流を流すので痛みに弱い方はピリピリと痛みを感じることがある
  • 回数を重ねる必要がある

 

オススメのシミ改善方法

 

シミを改善する方法として、レーザー、ハーブピーリング、イオン導入の解説をしましたが、その中でもオススメの方法をご紹介します。

クリアラボのハーブピリング&イオン導入コース

クリアラボのイオン導入

店長
店長

クリアラボではシミでお悩みの方にピッタリのメニューがあります。

それが、「クリアフェイスピーリング(美白コース)」

シミに効果的なハーブピーリングとイオン導入が組み合わされたメニューなんです。

肌のターンオーバーのサイクルが遅れることによって過剰にできてしまったメラニンが排出されずに肌の中に溜まってシミになります。

遅れてしまったターンオーバーを改善するには、ハーブピーリングがとても効果的です。

さらに、弾力のない乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすく、シミになりやすくなりますが、ハーブピーリングをすると細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの生成を促進しますのでハリのあるお肌が形成され、シミができにくい肌へと変化していくのです。

しかも!ハーブピーリングで古い角質を除去したあとに、イオン導入をすることによって美白成分がより奥深いところにまで浸透し、酸化したメラニンをもとに戻す効果や「シミを作らせない肌」を作ってくれます。

シミ、くすみが気になる方や「レーザーまでは・・・」とお悩みの方にぜひオススメしたいメニューです。

 

オススメのシミ改善化粧品

できてしまったシミにも、これから出てくるシミ予備軍にも効果的な美白化粧品が、セルケアピュアホワイトシリーズ!

店長
店長
これから紹介する3つの美白化粧品に、従来のビタミンC誘導体の10倍~100倍以上も皮膚に浸透すると言われる抗酸化成分APPSや、コラーゲン生成促進がプラセンタの800倍の強力作用を持つフラーレン、シミの特効薬として皮膚科等で使われてきたハイドロキノンなど6種の美白成分をバランス良く配合しています。

詳しく紹介していきますので、是非参考にどうぞ。

最新の美白成分配合!ピュアホワイトローション

店長
店長
主な美白成分でもある、TGP2は紫外線によって活性化したメラノサイトでのメラニンの合成を根本から阻止し、10倍~100倍以上も皮膚に浸透すると言われるAPPSが色素沈着の原因を除去し黒色化したメラニンを漂白してくれます。

そして、抗酸化作用がビタミンCの約125倍、コラーゲン生成促進がプラセンタの800倍のフラーレンは紫外線防御からメラニン還元漂白まですべての過程において作用を発揮します。

肌の内側から白さを奪い返す、オススメの化粧水です。

シミに細胞レベルで働きかける!ピュアホワイトクリーム

肌の細胞増殖を活発にしてターンオーバーを正常にコントロールし、できてしまったシミや色素沈着に対して細胞レベルで働きかけ美白効果を発揮してくれます。

店長
店長
新安定型ハイドロキノンや油溶性ビタミンC誘導体、レチノールを配合した高いブライトニング効果の保湿クリームです。

シミに特化したクリームと言えばコレですね♪

紫外線対策を毎日の習慣に!UVカットミルク

シミ改善、美白ケアには日焼け止めは必須です。

「夏じゃないから・・・」「一日中室内だから・・・」と日焼け止めを塗ってない人もいるかもしれません。

紫外線は一年中あります。ベランダに出たり、窓から日を浴びただけでも肌には刺激になり、シミの原因となるのです。

シミを改善するなら、美白化粧品と日焼け止めをセットにして使うようにしてください。

店長
店長
このUVカットミルクは、ノンパラベン・ノンケミカル処方でお子様でも使えるほどお肌に優しいのに美容成分もたっぷり配合されているので、お肌にスッと馴染み長時間スキンケア効果を発揮します。

また、乳液・化粧下地・日焼け止めがひとつになっているので朝のメイクも楽ですよ♪

まとめ

 

残念ながら、一度できてしまったシミは自分ではなかなか消すことはできません。

だからシミ対策としていちばん大切なことは「シミができにくい肌を作る」ということ。

そのためには、紫外線対策を万全にすることや美白ケアを毎日の習慣にすることが重要です。

それでもダメなら、お肌のプロにおまかせすることが一番の近道ですよ♪

 

関連記事